問1 問診の態度として誤っているのはどれか。

プライバシーを保つ。
話しやすい場をつくる。
最初に特定の疾患を推定する。
信頼関係を保つ。
問2 疾患と問診の内容との組合せで適切なのはどれか。

糖尿病   − 住宅環境
寄生虫疾患 − 居住地
低血圧症  − 職 業
頸腕症候群 − 家族歴
問3 視診について誤っている組合せはどれか。

眼球突出   − 甲状腺機能低下症
マスク様顔貌 − パーキンソン病
蝶形紅斑   − 全身性エリテマトーデス
眼瞼下垂   − 重症筋無力症
問4 視診について誤っている組合せはどれか。

多発性硬化症   − 企図振戦
前脛骨筋麻痺   − 鶏 歩
糖尿病      − 壊 疽
甲状腺機能亢進症 − 小人症
問5 打診で評価できないのはどれか。

腸ぜん動
腹 水
鼓 腸
肝腫大
問6 心雑音が聴取されるのはどれか。

狭心性
心筋梗塞
心タンポナーデ
弁膜症
問7 四肢の触診で誤っている組合せはどれか。

手関節背部腫瘤 − ガングリオン
関節包の肥厚  − 慢性関節炎
異常可動性   − 長管状骨骨折
膝蓋骨跳動   − 膝窩部粘液嚢胞
問8 血圧測定について正しいのはどれか。

圧迫帯は前腕部に巻いてもよい。
触診法では聴診法より高くなる。
聴診法は肘窩部上腕動脈を聴診する。
最低血圧は触診法で測定する。
問9 慢性糸球体腎炎でみられないのはどれか。

低カリウム血症
浮 腫
高窒素血症
貧 血
問10 歩行の異常と疾患との組合せで誤っているのはどれか。

分回し歩行 − パーキンソン病
間欠性跛行 − バージャー病
失調性歩行 − 小脳腫瘍
アヒル歩行 − 進行性筋ジストロフィー
問11 十二指腸潰瘍に見られるのはどれか。

嚥下困難
腸ぜん動不穏
タール便
腹部膨隆
問12 気管支喘息について正しいのはどれか。
 a.吸気時に呼吸困難がみられる。
 b.天候変化が発作の誘因となる。
 c.喀痰に好酸球がみられる。
 d.気管支拡張薬は無効である。

a、b
a、d
b、c
c、d
問13 心筋梗塞について誤っているのはどれか。

血中クレアチニンホスホキナーゼが低下する。
心電図で異常Q波が認められる。
心筋壊死が認められる。
胸痛の持続時間は20分以上である。
問14 正しいのはどれか。

狭心痛は体位変換時にみられる。
左心不全では静脈圧が上昇する。
心膜炎の胸痛は吸気時に増強する。
右心不全では夜間発作性呼吸困難がみられる。
問15 鉄欠乏性貧血について正しいのはどれか。

血清鉄値は低下しない。
さじ状爪となる。
出血は原因とならない。
大球性貧血となる。
問16 糖尿病について誤っているのはどれか。

若年者はT型が多い。
ケトアシドーシスをきたす。
尿糖陽性なら糖尿病である。
合併症として白内障がある。
問17 誤っている組合せはどれか。

褐色細胞腫 − 高血圧
バセドウ病 − 速 脈
アジソン病 − 低血圧
粘液水腫  − 頻 脈
問18 誤っている組合せはどれか。

尿崩症   − バゾプレシン分泌過剰
痛 風   − 高尿酸血症
糖尿病   − 高血糖
末端肥大症 − 成長ホルモン分泌過剰
問19 疾患と血中に増加するホルモンとの組合せで誤っているのはどれか。

クレチン病    − 甲状腺ホルモン
アジソン病    − ACTH
褐色細胞腫    − カテコールアミン
クッシング症候群 − コルチゾール
問20 慢性関節リウマチについて正しいのはどれか。

男性に多い。
すべての人種に見られる。
筋萎縮は起こらない。
小児にはみられない。
問21 正しいのはどれか。

V度熱傷は水疱形成を特徴とする。
創傷の二次的治癒とは縫合によるものである。
気道熱傷はほとんど無症状に経過する。
血流障害は創傷治癒を遅らせる局所因子である。
問22 外科的感染症で重要な嫌気性菌はどれか。

破傷風菌
連鎖球菌
大腸菌
黄色ブドウ球菌
問23 悪性腫瘍の病期決定に必要でないのはどれか。

患者の年齢
腫瘍の大きさ
転移の状態
リンパ節転移の有無
問24 誤っているのはどれか。

輸血をする際は交差適合試験を行う。
循環血液量の35〜45%の出血は生命に危険を及ぼす。
喀血は内出血に含まれる。
成分輸血は病態に応じて適用される。
問25 滅菌、消毒について誤っている組合せはどれか。

手術野 − ポビドンヨード(イソジン)
鉗 子 − 高圧蒸気
手 指 − ホルマリン液
縫合糸 − エチレンオキサイドガス
問26 頭蓋底骨折について誤っているのはどれか。

粉砕骨折の多発
耳介後部の皮下出血
意識障害の発症
脳神経障害の合併
問27 蘇生について誤っているのはどれか。

気道を確保する。
大量輸血を行う。
輸液ルートを確保する。
心臓マッサージを行う。
問28 意識障害について正しいのはどれか。

意識レベルの程度は脳外傷の重傷度と一致する。
痛覚の有無は意識障害判定上重要である。
混迷状態では強い刺激に対しても反応しない。
植物状態は3−3−9度方式のU−30に相当する。
問29 脊髄損傷の症状で正しいのはとでれ窩。

頸髄損傷の場合、耳出血を認める。
胸髄損傷の場合、手指の触覚は消失する。
脊髄ショック状態の安定後、深部腱反射は正常化する。
受傷後早期に尿閉を認める。
問30 呼吸器の損傷で誤っているのはどれか。

穿通性肺損傷では皮下気胸を認める。
肺損傷の場合は外開放性気胸を伴う。
肋骨骨折は肺挫傷の原因となる。
肺挫傷では鮮紅色の血痰を喀出する。
問31 モートン病について誤っているのはどれか。

腓骨神経知覚枝の障害である。
絞扼神経障害の一つである。
足指の知覚障害がみられる。
中足骨頭と深横中足靱帯との間で神経が圧迫される。
問32 骨肉腫について正しいのはどれか。
 a.大腿骨下端が好発部位である。
 b.30歳代が好発年齢である。
 c.血清アルカリフォスファターゼ値は低値である。
 d.生命の予後は不良である。

c、d
a、b
b、c
a、d
問33 フォルクマン拘縮について誤っているのはどれか。

機能的予後は不良である。
急性期には筋膜切開を行う必要がある。
コンパートメント症候群の一種である。
主に前腕伸筋群が障害される。
問34 感染症はどれか。

脳性小児麻痺
脊髄癆
神経性進行性筋萎縮症
脊髄空洞症
問35 小児の骨端症はどれか。

第2ケーラー病(フライバーグ病)
特発性大腿骨骨頭壊死
キーンベック病
第1ケーラー病
問36 神経学的検査について誤っているのはどれか。

バビンスキー反射は病的反射である。
痛覚は表面知覚に含まれる。
腱反射の消失は弛緩性麻痺を示す。
温度覚は深部知覚に含まれる。
問37 血行性骨髄炎について正しいのはどれか。

急性期から腐骨を形成する。
ユーイング肉腫との鑑別が大切である。
好発部位は長管状骨の骨端部である。
起炎菌は連鎖球菌が多い。
問38 上肢における末梢神経障害について正しい組合せはどれか。[不適切問題]

フォルクマン拘縮   − 尺骨神経麻痺
ギヨン管症候群    − 尺骨神経麻痺
前骨間神経症候群   − 橈骨神経麻痺
デュピュートレン拘縮 − 橈骨神経麻痺
問39 いわゆるつき指でみられないのはどれか。

PIP関節側腹靭帯損傷
指屈筋腱損傷
指伸筋腱損傷
PIP関節脱臼骨折
問40 老人性骨粗鬆症について誤っているのはどれか。

低回転型骨粗鬆症である。
病的骨折を生じやすい。
血清カルシウム値が減少する。
エックス線像では骨陰影度が減少する。
問41 脳性麻痺について誤っているのはどれか。

アテトーゼ型では不随意運動がある。
運動発達が遅延する。
進行性病変である。
両麻痺では下肢障害が強い。
問42 廃用症候群に含まれないのはどれか。

起立性低血圧
褥 瘡
関節強直
骨萎縮
問43 国際的障害分類と解決方法との組合せで誤っているのはどれか。

社会的不利  − 経済的支援
能力低下   − 日常生活動作訓練
機能形態障害 − 筋力増強訓練
機能形態障害 − 義足の製作
問44 運動失調の検査法でないのはどれか。

回内回外テスト
ブルンストロームテスト
ロンベルグテスト
指−鼻テスト
問45 他動運動可動域の制限が起こらないのはどれか。

筋力低下
固 縮
痙 縮
拘 縮
問46 運動療法の対象とならないのはどれか。

筋性麻痺
化膿性関節炎
関節拘縮
弛緩性麻痺
問47 運動と筋力レベル(徒手筋力テスト)との組合せで誤っているのはどれか。

自動介助運動 − 1〜2
自動抵抗運動 − 3〜4
自動運動   − 2〜3
他動運動   − 4〜5
問48 誤っている組合せはどれか。

脳性麻痺     − ボバス法
慢性関節リウマチ − フレンケル体操
五十肩      − コッドマン体操
腰痛症      − ウィリアムズ体操
問49 物理療法について誤っているのはどれか。

超音波は鎮痛効果がある。
渦流浴は浮腫を軽減させる。
極超短波は深部到達度が高い。
赤外線は殺菌効果がある。
問50 身体障害者福祉法で交付されるのはどれか。

車椅子
ベッド
リフター
ポータブルトイレ
問51 誤っている組合せはどれか。

陥没骨折  − 頭蓋骨
亀裂骨折  − 肩甲骨
骨膜下骨折 − 距 骨
若木骨折  − 鎖 骨
問52 骨折治癒の障害となるのはどれか。

両骨折端が広く離開している。
両骨折端が血腫内にある。
斜骨折で骨折面が密着している。
骨折部に圧迫力が加わっている。
問53 正しいのはどれか。

外傷性皮下気腫では特有の捻髪音が証明される。
骨膜下骨折時にしばしば肺に脂肪塞栓を生じる。
不全骨折においても軋轢音は聞かれる。
外傷性骨化性筋炎は橈骨下端骨折で多くみられる。
問54 脱臼の症状について正しいのはどれか。
 a.異常可動性がある。
 b.弾発性固定がある。
 c.関節腔が空虚になる。
 d.関節血腫は生じない。

b、c
c、d
a、b
a、d
問55 誤っているのはどれか。

随意性脱臼は肘関節に多い。
外傷性脱臼は肩関節に多い。
先天性脱臼は股関節に多い。
習慣性脱臼は顎関節に多い。
問56 外傷性脱臼の部位別頻度の第2位はどれか。

股関節
顎関節
肘関節
肩関節
問57 誤っているのはどれか。

随意性脱臼は患者の自由意志により起こる。
開放性脱臼では細菌感染の危険性を伴う。
脊椎脱臼では脊髄麻痺を起こすおそれがある。
脱臼骨折では骨折から整復する。
問58 肩甲骨骨折について誤っているのはどれか。

頸部骨折では解剖頸骨折が多い。
体部骨折では骨片転位が少ない。
烏口突起骨折では単独骨折はまれである。
体部骨折では横骨折が多い。
問59 定型的鎖骨骨折について誤っているのはどれか。
 a.中枢骨片は前上方に転位する。
 b.鎖骨の中1/3と外1/3との境界部で骨折する。
 c.骨片は大胸筋の緊張により転位する。
 d.肩鎖靱帯が断裂すると骨癒合が遷延する。

c、d
a、b
a、d
b、c
問60 上腕骨上端部の骨折について正しいのはどれか。

外科頸骨折は高齢者に多く発生する。
結節部貫通骨折は結節上骨折である。
大結節のほとんどは肩鎖関節脱臼に合併して起こる。
結節の上、中、下の3つの骨折に分類される。
問61 上腕骨外科頸骨折について誤っているのはどれか。

腋窩神経が損傷されやすい。
上腕骨の外転位拘縮を生じる。
青壮年期の骨折は予後良好である。
外転骨折の末梢骨片は前方に転位する。
問62 上腕骨骨幹部骨折について正しいのはどれか。

合併症では尺骨神経損傷が多い。
三角筋付着部より上部の骨折では中枢骨片は外方へ転位する。
自家筋力によるものに投球骨折がある。
介達外力によるものは横骨折が多い。
問63 上腕骨顆上骨折について正しい組合せはどれか。

他動運動   − 弾発性抵抗
好発年齢   − 青壮年期
ヒューター線 − 正 常
上肢長    − 不 変
問64 上腕骨顆上骨折について誤っているのはどれか。

包帯による緊縛は骨化性筋炎を助長する。
肘関節の拘縮が起こりやすい。
内反肘変形を起こしやすい。
伸展骨折が多い。
問65 上腕骨顆部骨折で正しいのはどれか。[不適切問題]

内顆骨折は直達外力によるものが多い。
外顆骨折は肘に内反伸展力が働き発生する。
外顆骨折は遅発性尺骨神経麻痺の原因となる。
内顆骨折では骨片は通常、後下方へ転位する。
問66 誤っている組合せはどれか。

上腕骨顆上骨折  − フォルクマン拘縮
肩甲骨骨折    − ドナヒュー法
上腕骨骨幹部骨折 − 下垂手
鎖骨骨折     − 8字帯固定法
問67 肘頭骨折について正しいのはどれか。

関節内骨折が多い。
介達外力では粉砕骨折となる。
肘関節90度屈曲位で固定する。
小児に発生頻度が高い。
問68 橈骨骨幹部単独骨折の転位について誤っているのはどれか。

円回内筋付着部より末梢部骨折時の末梢骨片は回内位となる。
円回内筋付着部より中枢部骨折時の末梢骨片は回内・回外中間位となる。
円回内筋付着部より中枢部骨折時の中枢骨片は回外・屈曲転位となる。
円回内筋付着部より末梢部骨折時の中枢骨片は回内・回外中間位となる。
問69 定型的橈骨下端骨折について正しいのはどれか。

末梢骨片は中枢骨片の掌側に転位する。
固定範囲は前腕上端から手根中手関節までとする。
橈骨下端関節面より7〜8cm近位に骨折を生じる。
小児骨端線離開ではソルター・ハリス(Salter-Harris)のU型が多い。
問70 中手骨骨折の転位について正しい組合せはどれか。

骨幹部骨折         − 掌側凸変形
骨頭骨折          − 掌側凸変形
頸部骨折          − 背側凸変形
ベンネット(Bennett)骨折 − 外転変形
問71 見逃しやすい手部の骨折はどれか。

舟状骨骨折
ローランド(Roland)骨折
第5中手骨頸部骨折
基節骨骨幹部骨折
問72 槌指について正しいのはどれか。

DIP関節の伸展障害を残しやすい。
深指屈筋腱付着部の剥離骨折により発生する。
PIP関節屈曲位の外観を呈する。
DIP関節の外転強制により発生する。
問73 手の舟状骨骨折について誤っているのはどれか。

近位骨片が骨壊死に陥りやすい。
固定期間は約2週間である。
手根骨の中で最も発生頻度が高い。
中央部から近位部の骨折は関節内骨折である。
問74 月状骨脱臼について正しいのはどれか。

尺骨神経を圧迫することが多い。
手関節の過度掌屈によって発生する。
掌側脱臼が多い。
女子に好発する。
問75 脊椎の脱臼骨折の好発部位はどれか。
 a.下部頸椎
 b.上部胸椎
 c.仙 椎
 d.胸腰椎移行部

a、d
c、d
b、c
a、b
問76 顎関節脱臼について正しいのはどれか。

前方脱臼が多い。
男性に多い。
骨折を伴うことが多い。
関節包が破れることが多い。
問77 肩鎖関節脱臼について誤っているのはどれか。

ピアノキー症状がみられる。
第三型は完全脱臼である。
前方脱臼が多い。
介達外力では不完全脱臼が多い。
問78 肩関節脱臼の整復法について誤っている組合せはどれか。

クーパー(Cooper)法      − 槓杆法
ホフマイスター(Hofmeister)法 − 垂直牽引法
シンジンガー(Schinjinger)法  − 吊り下げ法
アビセンナ(Avicenna)法    − 衝撃法
問79 肩関節脱臼について誤っているのはどれか。

後方脱臼の整復法にデパルマ法がある。
関節窩下脱臼の患肢は挙上位で固定される。
上方脱臼の多くは烏口突起骨折を伴う。
鎖骨下脱臼では上肢長は仮性延長を呈する。
問80 肘関節後方脱臼について正しいのはどれか。

尺骨鈎状突起骨折を合併することが多い。
固定肢位は肘関節伸展位とする。
上腕二頭筋腱が緊張して索状に触れる。
肘関節屈曲位にて転倒した際発生する。
問81 肘関節脱臼について誤っているのはどれか。

後方脱臼は幼少年者に多い。
前方脱臼の多くは肘頭骨折を合併する。
分散脱臼は前後型と側方型とがある。
整復法にローゼル法がある。
問82 手部の脱臼について正しいのはどれか。

月状骨周囲脱臼は舟状骨骨折を合併することが多い。
手根中手関節脱臼は第5手根中手関節に最も多い。
指節間関節脱臼は母指に多い。
中手指節関節脱臼は掌側脱臼が多い。
問83 ルドルフ(Ludloff)症候に関係するのはどれか。

大腿二頭筋
中殿筋
腸腰筋
縫工筋
問84 大腿部骨幹部骨折(中1/3)の定型的転位について正しいのはどれか。
[中枢片]  [末梢片]

屈曲・内転 − 後上方
屈曲・外旋 − 内前方
屈曲・内旋 − 外後法
屈曲・外転 − 内上方
問85 下腿骨骨幹部骨折の後遺症でないのはどれか。

仮関節
尖足位拘縮
扁平外反足
下腿反張
問86 踵骨骨折の分類でないのはどれか。

体部骨折
載距突起骨折
後方突起骨折
鴨嘴状骨折
問87 外傷性股関節後方脱臼でみられないのはどれか。

腸腰筋損傷
坐骨神経損傷
大腿骨骨頭壊死
股関節症
問88 外傷性股関節後方脱臼について正しいのはどれか。
 a.大転子はローゼル・ネラトン線より高位となる。
 b.大腿骨頭靭帯の断裂を伴う。
 c.下肢は伸展、内転、内旋位を呈する。
 d.変形は坐骨脱臼よりも腸骨脱臼が著名である。

c、d
a、d
a、b
b、c
問89 外傷性膝関節前方脱臼について正しいのはどれか。

大腿神経の損傷を伴う。
不全脱臼が多い。
大腿骨が前方に脱臼する。
膝関節は伸展位となる。
問90 膝窩動脈損傷で拍動を調べるのに適切な動脈はどれか。[不適切問題]

大腿動脈
後脛骨動脈
腓骨動脈
足背動脈
問91 習慣性膝蓋骨脱臼の発生要因はどれか。

内反膝
脛骨粗面内方偏位
大腿骨内顆形成不全
膝蓋骨高位
問92 習慣性膝蓋骨脱臼の症状でないのはどれか。

嵌頓症状
膝くずれ現象
Q-angleの減少
大腿四頭筋萎縮
問93 外傷性足関節脱臼の分類でないのはどれか。

外方脱臼
後方脱臼
内方脱臼
回旋脱臼
問94 関節の捻挫について正しいのはどれか。

受傷機転と逆方向の力を加えると最も疼痛が強い。
弾発性固定の現象がみられる。
関節内出血はみられない。
関節を構成する骨の配列は正常である。
問95 捻挫について誤っているのはどれか。

外力により関節の支持組織が損傷したものをいう。
足関節では損傷の程度を3段階に分類する。
靭帯付着部の剥離骨折の合併に注意する。
可動性の大きな関節に多発する。
問96 膝部外傷について誤っている組合せはどれか。

後十字靭帯損傷 − 脛骨上端部後方落ち込み徴候
前十字靭帯損傷 − 後方引き出し現象
側副靭帯損傷  − 側方動揺性
半月板損傷   − マックマレー・テスト
問97 足関節捻挫の初期治療で誤っているのはどれか。

患部に温罨法を施す。
患肢の安静を図る。
患部を圧迫固定する。
患肢を高挙する。
問98 前距腓靭帯の断裂を示すのはどれか。
 a.足関節の前方引き出し徴候
 b.足関節の過剰背屈性
 c.足関節の外旋動揺性
 d.外果前方の限局した圧痛

b、c
a、d
c、d
a、b
問99 5歳の女児。手掌をついて転倒した。肘関節部に変形をきたし、疼痛、腫脹共に著明であった。ヒューター線に異常はなかった。応急処置の整復として正しいのはどれか。

整復の前に確認しておくことがある。
直ちに整復を行う。
整復を行ってはならない。
整復の必要はない。
問100 55歳の女性。5年前に右肩関節周囲炎の既往がある。約1カ月前に階段を踏みはずし右肩を強打した。以来、運動痛、夜間痛が持続している。肩関節は他動的に挙上可能であるが、自動的には外側挙上は45度までにとどまる。最も考えられる疾患名はどれか。

腱板損傷
腋窩神経損傷
上腕骨骨頭骨折
五十肩