問1 誤っている組合せはどれか。

腓骨神経麻痺 −−−−− 踵 足
筋萎縮性側索硬化症 −− 猿 手
尺骨神経麻痺 −−−−− 鷲 手
慢性関節リウマチ −−− 手指の尺側偏位
問2 打診について正しいのはどれか。
 a.肺気腫では肺肝境界は上昇する。
 b.心嚢液貯留では心濁音界は拡大する。
 c.麻痺性イレウスでは鼓音が増強する。
 d.腹部腫瘤では清音を呈する。

b、c
a、d
a、b
c、d
問3 聴診について誤っているのはどれか。

腸管の狭窄でグル音は増強する。
大動脈炎症候群で血管雑音を聴取する。
肺気腫では心音は減弱する。
胸膜炎ではラ音が聴取される。
問4 心筋梗塞について誤っているのはどれか。

冠動脈の閉塞によって発症する。
狭心症にくらべ予後は良好である。
糖尿病は危険因子である。
心電図で異常Q披がみられる。
問5 誤っている組合せはどれか。

クッシング症候群 −−− 満月様顔貌
重症筋無力症 −−−−− ベル現象
ウィルソン病 −−−−− はばたき振戦
低カルシウム血症 −−− テタニー
問6 進行性筋ジストロフィーについて正しいのはどれか。

アヒル歩行
鶏歩
失調性歩行
分廻し歩行
問7 パーキンソン病について正しいのはどれか。

筋萎縮
振子様運動
登はん性起立
丸薬丸めよう運動
問8 ギラン・バレー症侯群について誤っているのはどれか。

呼吸障害
両側顔面麻痺
尿失禁
急性四肢脱力
問9 誤っている組合せはどれか。

翼状頚 −−− ターナー症候群
樽状胸 −−− 肺気腫
鳩胸 −−−− 骨粗髭症
漏斗胸 −−− マルファン症候群
問10 正しい組合せはどれか。

赤色皮膚線条 −− アジソン病
腹部膨隆 −−−− 食道癌
メズサの頭 −−− 肝硬変
腹部陥凹 −−−− 急性膵炎
問11 急性虫垂炎でみられるのはどれか。

血便
嘔吐
胸やけ
吃逆
問12 機械的腸閉塞にみられないのはどれか。

腹部膨満
腸蠕動不穏
下痢
腹痛
問13 大腸癌が最も多い部位はどれか。

上行結腸
横行結腸
下行結腸
直腸
問14 視診について正しい組合せはどれか。

太鼓バチ指 −−−− 肺気腫
仮面様顔貌 −−−− アジソン病
チアノーゼ −−−− 甲状腺機能低下症
クモ状血管腫 −−−- クッシング症候群
問15 誤っている組合せはどれか。

眼瞼下垂 −−-- 重症筋無力症
眼球結膜黄染 −- 胆石症
眼振 −−−− アルツハイマー病
共同偏視 −−-- 脳血管障害
問16 口腔内の視診について正しい組合せはどれか。

歯肉色素沈着 −−− 悪性貧血
コプリック斑 −−− 猩紅熱
アフタ −−−−−− ベーチェット病
イチゴ舌 −−−−− ジフテリア
問17 バセドウ病にみられるのはどれか。

眼球陥凹
肥満
食欲減退
頻脈
問18 糖尿病の症状について誤っているのはどれか。

眼球突出
意識障害
多尿
体重減少
問19 慢性関節リウマチの症状で誤っているのはどれか。

皮下結節
蝶形紅斑
虹彩炎
関節強直
問20 AIDS(エイズ)について誤っているのはどれか。

日和見感染症を合併しやすい。
潜伏期間が数年以上ある。
HIV抗体が陽性になる。
CD4陽性T細胞が増加する。
問21 創傷治癒を遅らせる因子について誤っているのはどれか。

低酸素血症
ビタミンK欠乏症
脳圧亢進症
低蛋白血症
問22 ショックについて誤っている組合せはどれか。

体液喪失性ショック −− 大出血
神経原性ショック −−-- 肝破裂
細菌性ショック −−−- 消化管穿孔
心原性ショック −−−- 心筋梗塞
問23 輸血による副作用について誤っているのはどれか。

肝機能障害
高脂血症
抗原抗体反応
ウィルス感染
問24 鎮痛・鎮静処置で正しい組合せはどれか。

痔核切除術 −− 浸潤麻酔
顔面痙攣 −−− 三叉神経ブロック
抜歯 −−−−− 表面麻酔
無痛分娩 −−− 脊椎麻酔
問25 止血法で正しいのはどれか。

深層からの出血はミクリッツタンポン法による。
骨からの出血は結紫する。
顔面損傷の場合はベロックのタンポン法による。
手指切創の出血は電気凝固法を実施する。
問26 心肺蘇生法で正しいのはどれか。

小児に対する心マッサージは剣状突起部を圧迫する。
口対口人工呼吸時にはマウスピースを装着する。
気道確保は頭部後屈あご先挙上で行う。
心マッサージはベッドにあげて行う。
問27 頭部外傷で正しい組合せはどれか。

脳挫傷 −−−−− 頭部皮下血腫
髄液漏 −−−−− 下顎骨骨折
硬膜外血腫 −−− 円蓋部陥没骨折
硬膜下血腫肝 −− 頭蓋底骨折
問28 脳卒中で正しい組合せはどれか。

脳動脈瘤破裂 −− 脊髄性ショック
脳幹部出血 −−− 意識清明
脳血栓 −−−−− 一過性脳虚血発作
小脳出血 −−−− 呼吸停止
問29 胸壁損傷の合併症で正しいのはどれか。

乳び胸は縦隔損傷時に認められる。
横隔膜ヘルニアは開放性胸壁損傷の合併症である。
心タンポナーデは多発性肋骨骨折に合併する。
フレイルチェストは肋骨骨折時に合併しない。
問30 腹部臓器損傷について正しいのはどれか。

腎損傷では血尿を認める。
肝破裂では腹部腫瘤を認める。
脾損傷では出血性ショックが起こらない。
下部腸管穿孔では腹鳴が亢進する。
問31 大腿骨骨頭すべり症について誤っているのはどれか。

手術療法が適切である。
男児に多い。
下肢は外旋位をとる。
骨頭は前方に転位する。
問32 筋萎縮性側索硬化症について正しいのはどれか。

10歳代が好発年齢である。
女性に多い。
知覚障害がない。
上肢近位の筋萎縮ではじまる。
問33 急性阻血症状における5Pの徴候でないのはどれか。

疼 痛
知覚異常
脈拍消失
腫 脹
問34 誤っているのはどれか。

先天性内反足では距骨が垂直位変形を呈する。
特発性大腿骨骨頭無腐性壊死はアルコ−ル中毒でみられる。
先天性股関節脱臼は変形性関節症の原因となる。
外反母趾では扁平足変形を呈する。
問35 誤っている組合せはどれか。

ジェファーソン骨折 −− 環 椎
チャンス骨折 −−−−− 腰 椎
ジョーンズ骨折 −−−− 胸 椎
ハングマン骨折 −−−− 軸 椎
問36 脊椎カリエスについて誤っているのはどれか。

亀 背
冷膿瘍
非定型抗酸菌
ポット麻痺
問37 誤っている組合せはどれか。

腰部脊柱管狭窄症 −− 間欠性跛行
特発性脊柱側彎症 −− 色素斑
脊髄空洞症 −−−−− 知覚解離
二分脊椎 −−−−−− 髄膜瘤
問38 骨腫瘍について誤っている組合せはどれか。

ユーイング肉腫 −−−− 好酸球性肉芽
骨肉腫 −−−−−−−− スピクラ
神経芽細胞腫骨転移 −− 血清VMA
多発性骨髄腫 −−−−− 骨打ち抜き像
問39 先天性骨系統疾患について正しいのはどれか。

マルファン症候群はクモ状指を呈する。
骨形成不全症の骨折は癒合が遷延する。
大理石骨病では骨萎縮がみられる。
軟骨無形成症では体幹に比べて手足が長い。
問40 疾患と検査法との組合せで誤っているのはどれか。

半月板損傷 −−−− 関節腔造影
脊髄腫瘍 −−−−− MRI
椎間板ヘルニア −− RIシンチグラフィー
悪性骨腫瘍 −−−− 血管造影
問41 障害の社会的不利で正しいのはどれか。

コミュニケーションができない。
通勤ができない。
入浴に介助が必要である。
文字が書けない。
問42 日常生活動作に含まれないのはどれか。

計算をする。
シャツを着る。
化粧をする。
身体を洗う。
問43 適切な組合せはどれか。

極超短波   −−− ペースメーカー
超音波    −−− 体内金属
寒冷療法   −−− レイノー病
パラフィン浴 −−− 開放創
問44 廃用症候群でないのはどれか。

褥 瘡
筋固縮
起立性低血圧
関節拘縮
問45 作業療法に含まれないのはどれか。

義手訓練
家事動作訓練
職業訓練
日常生活動作訓練
問46 体幹装具でないのはどれか。

カナディアン型
ウィリアムズ型
フィラデルフィア型
テイラー型
問47 自助具でないのはどれか。

簡易便座
差し込み式スプーン
風呂用てすり
リフター
問48 脳卒中で誤っているのはどれか。

弛緩性麻痺から痙性麻痺に変化する。
球麻痺による嚥下障害が起こる。
言語障害には失語症と構音障害とがある。
運動麻痺は中枢から末梢に回復する。
問49 疾患と治療との組合せで正しいのはどれか。

拘 縮 −−− 伸張法
痙 縮 −−− 電気治療
失 調 −−− 関節可動域訓練
褥 瘡 −−− 良肢位保持
問50 脳性麻痺で誤っているのはどれか。

出産時外傷では片麻痺が多い。
無酸素性脳症ではアテトーゼ型麻痺が多い。
未熟児では両麻痺が多い。
核黄疸では失調型が多い。
問51 正しいのはどれか。

複雑骨折は粉砕骨折と同意語である。
病的骨折は骨癒合が起こらない。
屈曲骨折の第1型には骨片が生じる。
剪断骨折は捻転カで発生する。
問52 不全骨折でないのはどれか。

竹節状骨折
若木骨折
陥没骨折
亀裂骨折
問53 誤っているのはどれか。

介達性骨折は外力が他の部位に働いて離れた部位で発生したもの
複合骨折は1本の骨が3か所以上の部位で骨折したもの
開放性骨折は皮膚創を通じて骨折部が外界と交通しているもの
病的骨折は基礎的疾患があり抵抗力が減弱していて発生したもの
問54 下肢の疲労骨折で正しいのはどれか。

長管骨に多く発生する。
螺旋骨折が多く発生する。
高齢者に多く発生する。
疼痛のため歩行不能となる。
問55 骨折の合併症でないのはどれか

コンパートメント症候群
フォルクマン拘縮
ズデック骨萎縮
デュピュイトレン拘縮
問56 脱臼の症状で誤っているのはどれか。

肢長の変化
異常可動性
関節軸のずれ
関節の変形
問57 固定に用いる硬性材料はどれか。

絆創膏
巻軸包帯
三角巾
厚紙副子
問58 捻挫の初期治療で誤っているのはどれか。

消炎の促進
関節の安静固定
患部の高挙
温熱療法
問59 関節と損傷しやすい靭帯との組合せで誤っているのはどれか。

母指中手指節関節 −−− 尺側側副靭帯
距腿関節     −−− 前距腓靭帯
膝関節      −−− 外側側副勒帯
肘関節      −−− 内側側副勒帯
問60 外傷性骨化性筋炎の急性期の処置として誤っているのはどれか。

固定
安静
手術的切除
冷湿布
問61 鎖骨骨折の座位整復法について誤っているのはどれか。

骨片に直庄を加え整復する。
胸郭を拡大させるよう肩を後方へ引く。
患例の肩内転位にて上腕を突き上げる。
患者の脊柱部に膝頭を当てる。
問62 上腕骨外科頸骨祈の症状で正しいのはどれか。

肩関節運動は可能である。
肩峰が突出する。
三角筋部の膨隆が認められる。
末梢骨片は中枢骨片の後方に位置する。
問63 上腕骨骨幹部骨折で正しいのはどれか。

直達外力によるものは斜骨折が多い。
捻転力によるものは横骨折が多い。
介達外力によるものは横骨折が多い。
自家筋力によるものは蝶旋骨折が多い。
問64 上腕骨骨幹部骨折で正しいのはどれか。

固定肢位はゼロ・ポジションで行う。
手指にチアノーゼを認める。
後外方凸の変形を呈するものが多い。
橈骨神経麻痺を合併することがある。
問65 上腕骨骨折の好発年齢で正しい組合せはどれか。

大結節単独骨折 −−− 高齢者
外科頸骨折   −−− 青壮年者
外顆骨折    −−− 高齢者
骨幹部骨折   −−− 青壮年者
問66 上腕骨顆上伸展型骨折で正しいのはどれか。

内反肘を残すことが多い。
10〜15歳に多発する。
肘頭はヒューター線より高位となる。
尺骨神経の損傷が多い。
問67 橈骨骨幹部骨折で正しい組合せはどれか。

円回内筋付着部より下位の骨折 −−− 中枢片中間位・末梢片回外位
円回内筋付着部より上位の骨折 −−− 中枢片回内位・末梢片回外位
円回内筋付着部より下位の骨折 −−− 中枢片中間位・末梢片回内位
円回内筋付着部より上位の骨折 −−− 中枢片回外位・末梢片回外位
問68 手背をついて転倒し発生する骨折はどれか。

コーレス骨折
ショウファー骨折
背側バートン骨折
掌側バートン骨折
問69 手舟状骨骨折の症状で誤っているのはどれか。

強く掘ると手関節部に疼痛が生じる。
第1・2中手骨からの軸圧痛がある。
手関節の尺屈時に運動痛が強い。
スナッフボックス部に庄痛がある。
問70 手根中手関節脱臼で誤っているのはどれか。

第3手根中手関節の脱臼が多い。
第1手根中手関節脱臼では母指を対立位に固定する。
中手骨部の過度の屈曲が強制され発生する。
手指の短縮がみられる。
問71 各脱臼の転位で頻度の高いのはどれか。

鎖骨肩峰端は肩峰の下方に転位する。
下顎関節頭は頬骨弓の上方に転位する。
上腕骨骨頭は烏口突起の下方に転位する。
橈骨頭は上腕骨小頭の後方に転位する。
問72 胸鎖関節前方脱臼で誤っているのはどれか。

鎖骨内端骨折と変形が類似する。
患側肩関節は外転不能となる。
頭部を健側に傾ける。
患側の肩は下垂する。
問73 肩関節脱臼について正しいのはどれか。

鎖骨下脱臼は上腕が長くみえる。
肩峰下脱臼は後方脱臼に属する。
棘下脱臼は挙手した状態に固定される。
烏口下脱臼は肩関節外転外旋位を呈する。
問74 肘関節後方脱臼の症状について誤っているのはどれか。

上腕三頭筋腱が緊張して索状にふれる。
ヒューター三角は変形する。
肘関節は軽度屈曲位に弾発性に固定される。
外見的に上腕骨顆上屈曲型骨折と類似する。
問75 腱板損傷で多いのはどれか。

肩甲下筋腱
小円筋腱
棘下筋腱
棘上筋腱
問76 上腕二頭筋長頭腱の損傷について誤っているのはどれか。

強い筋緊張状態時に発生する。
筋腹の膨隆が近位に現われる。
長頭腱と小結節との摩擦が誘因となる。
結節間溝に圧痛を認める。
問77 誤っているのはどれか。

仙腸関節結核では腰殿部痛を主訴とすることが多い。
強直性脊推炎では早期に仙腸関節の変化がみられる。
デュベルニー骨折では下肢の肢位は正常である。
マルゲーヌ骨折では下肢が内旋・内転位となる。
問78 下前腸骨辣の剥離骨折に関与する筋はどれか。

大内転筋
縫工筋
大腿二頭筋
大腿直筋
問79 問題79 定型的な腰部椎間板ヘルニアの症状はどれか。

間欠性跛行
進行性の両下肢運動麻痺
腰部角状後攣
一側性の下肢痛
問80 股関節の屈曲拘縮テストはどれか。

ライトテスト
トーマステスト
ラセーグテスト
ファーレンテスト
問81 尻上り現象がみられるのはどれか。

大腿直筋の短縮
中間広筋の短縮
内側広筋の短縮
外側広筋の短縮
問82 トレンデレンブルグ徴候に関係する筋はどれか。

腸腰筋
中殿筋
大段筋
大腿直筋
問83 大腿骨頸部骨折のガーデンの分類で誤っているのはどれか。

3型は完全骨折で転位軽度なもの
4型は完全骨折で転位高度なもの
1型は不全骨折で転位のないもの
2型は不全骨折で転位のあるもの
問84 大腿骨頸部内側骨折はどれか。
 a.中間部骨折
 b.転子間骨折
 c.転子貫通骨折
 d.骨頭下骨折

a、b
a、d
c、d
b、c
問85 外傷性股関節脱臼に関連しないのはどれか。

坐骨神経損傷
大腿動脈損傷
変形性股関節症
大腿骨骨頭壊死
問86 先天性股関節脱臼の徴候はどれか。

パトリック徽侯
マックマレー徽候
フィンケルスタイン徴候
アリス徴候
問87 大腿骨骨幹部骨折で誤っているのはどれか。

青壮年に多発する。
斜骨折の整復固定は容易である。
下肢は外旋位を呈する。
小児では過成長を考慮する。
問88 大腿骨上1/3部の骨折について誤っているのはどれか。

腸腰筋は中枢骨片を屈曲させる。
中殿筋は中枢骨片を外転させる。
腓腹筋は末梢骨片を屈曲させる。
内転筋群は末梢骨片を内上方に引く。
問89 大腿四頭筋の肉ばなれで誤っているのはどれか。

膝の完全自動伸展運動が可能である。
寒冷時に多発する。
大腿直筋と中間広筋とに多発する。
損傷部に陥凹を触れる。
問90 膝関節前方脱臼で誤っているのはどれか。

膝関節後面の軟部組織損傷の合併が多い。
動脈損傷による下腿壊死は少ない。
膝に週伸展力が加えられて発生する。
腓骨神経が損傷すると足の背屈力が失われる。
問91 膝関節損傷の検査で膝関節を屈曲し、下腿を内旋させた状態から徐々に膝関節を伸展させたとさ、クリックと疼痛とがあった。疑うべき損傷はどれか。

腸脛靱帯の断裂
外側半月の損傷
前十字靭帯の揖傷
内側側副軌帯の断裂
問92 膝関節水痘(腫)の検査法はどれか。

ラックマン検査
膝動揺検査
マックマレー検査
膝蓋跳動検査
問93 主要な神経損傷を生じないのはどれか。

下腿骨上端部の横骨折
脛骨租面の剥離骨折
膝関節後方脱臼
大腿骨顆上部骨折
問94 下腿骨骨幹部骨折の後遺症とその原因との組合せで誤っているのはどれか。

尖足位拘縮 −−− 腓骨神経損傷
骨髄炎   −−− 開放骨折
内反下腿  −−− 脛骨斜骨折
偽関節   −−− 腓骨横骨折
問95 誤っている組合せはどれか

随意性脱臼 −−− 第1中手指節関節脱臼
単純脱臼  −−− 膝蓋骨脱臼
習慣性脱臼 −−− 肩関節前方脱臼
複雑脱臼  −−− 股関節中心性脱臼
問96 踵骨骨折の後遺症で正しいのはどれか。

ベーラー角増大
踵骨偽関節
踵骨壊死
距踵関節症
問97 足関節部の靭帯損傷について誤っているのはどれか。

ストレステストで動揺性を確認する。
外側部の軌帯に発生頻度が高い。
足関節の内がえし強制で発生しやすい。
後距排靭帯の断裂が多い。
問98 中足指節関節脱臼で頻度が高いのはどれか。

内側脱臼
外側脱臼
背側脱臼
底側脱臼
問99 下腿部の肉ばなれで誤っているのはどれか。

損傷部の圧迫固定は禁忌である。
スポーツ活動時に多い。
腓腹筋の損傷傾度が高い。
損傷部に限局した庄痛がみられる。
問100 アキレス腱断裂で正しいのはどれか。

トンプソンテストで足関節底屈がみられない。
新鮮時には断裂郡に膨隆が触知できる。
踵骨停止部から中枢約10cmに好発する。
アキレス腱を強打され発生することが多い。