問1 正常な血液1mm3中に一番多く含まれる白血球はどれか。

リンパ球
好酸球
好塩基球
好中球
問2 重層扁平上皮が存在する部位はどれか。

甲状腺
歯肉
十二指腸
膀胱
問3 副神経と脊髄神経によって支配されるのはどれか。

前鋸筋
大胸筋
広背筋
僧帽筋
問4 筋とその起始との組合せで誤っているのはどれか。

指伸筋 −−−−−−−− 上腕骨外側上顆
大腿直筋 −−−−−−− 腸骨下前腸骨棘
尺側手根伸筋 −−−−− 上腕骨内側上顆
大腿二頭筋短頭 −−−− 大腿骨粗線外側唇
問5 関節内靭帯のある関節はどれか。

胸鎖関節
肩関節
環椎後頭関節
股関節
問6 関節を構成する組合せはどれか。

距骨 −−−−−− 舟状骨
大腿骨 −−−−− 腓骨
脛骨 −−−−−− 踵骨
腓骨 −−−−−− 立方骨
問7 卵円孔はどこにあるか。

右心房と左心房との間
左心室と右心室との間
右心房と右心室との間
左心房と左心室との間
問8 心臓で正しいのはどれか。

心底は横隔膜に接する。
肺動脈弁は腱索によって乳頭筋につながる。
冠状溝は心房と心室とを区別する。
房室結節は上大静脈開口部にある。
問9 下行大動脈から出る壁側枝はどれか。

気管支動脈
腎動脈
腹腔動脈
腰動脈
問10 消化管の筋層が3層で構成されているのはどれか。

回腸
空腸

十二指腸
問11 膵臓で正しいのはどれか。

間膜によって後腹壁につながる。
メラトニンを分泌する。
膵臓を通った血液は肝臓に注ぐ。
膵管は空腸に開く。
問12 喉頭軟骨で対になっているのはどれか。

披裂軟骨
輪状軟骨
甲状軟骨
喉頭蓋軟骨
問13 縦隔に存在する臓器はどれか。

甲状腺
横隔膜
大動脈弓

問14 腎臓と接していない筋はどれか。

腸骨筋
腰方形筋
横隔膜
大腰筋
問15 腎臓で正しいのはどれか。

集合管は著しく迂曲する。
腎小体は皮質に分布している。
小葉間動脈は皮質と髄質との間を走る。
弓状静脈は腎乳頭の先端から出る。
問16 ライディッヒ細胞が存在する器官はどれか。

精巣上体
精管
精巣
精嚢
問17 正しいのはどれか。

子宮は後屈している。
子宮頸は膣に包まれている。
子宮前面は恥骨結合に接する。
子宮壁には横紋筋が存在している。
問18 皮質と髄質とに分かれている内分泌器はどれか。

副 腎
下垂体
甲状腺
松果体
問19 正しい組合せはどれか。

甲状腺 −−−−−− 副腎皮質刺激ホルモン
下垂体後葉 −−−− 成長ホルモン
卵巣 −−−−−−− エストロゲン
副腎皮質 −−−−− アドレナリン
問20 大脳核はどれか。

薄束核
歯状核
尾状核
オリーブ核
問21 脈絡叢が存在しない部位はどれか。

第3脳室
中脳水道
側脳室
第4脳室
問22 正しい組合せはどれか。

大脳 −−− 視床
小脳 −−− 被殻
間脳 −−− 上丘
中脳 −−− 赤核
問23 脳神経と支配筋との組合せで正しいのはどれか。

三叉神経 −−− 咀嚼筋
視神経  −−− 毛様体筋
外転神経 −−− 鼓膜張筋
動眼神経 −−− 上斜筋
問24 神経叢と神経との組合せで正しいのはどれか。

頸神経叢  −−− 横隔神経
腰神経叢  −−− 坐骨神経
仙骨神経叢 −−− 閉鎖神経
腕神経叢  −−− 鎖骨上神経
問25 正しい組合せはどれか。

坐骨神経 −−− 大腿筋膜張筋
閉鎖神経 −−− 大内転筋
大腿神経 −−− 大腿二頭筋
上殿神経 −−− 大殿筋
問26 色を感受するのはどれか。

視神経細胞
錐状体細胞
色素上皮細胞
双極細胞
問27 聴覚に関与しないのはどれか。

鼓 膜
蝸 牛
耳小骨
前 庭
問28 大腿骨で体表から触れないのはどれか。

内側上顆
外側上顆
小転子
大転子
問29 体表から触れないのはどれか。

乳様突起
仙骨岬角
脛骨内果
腸骨稜
問30 下顎角で体表から触れないのはどれか。

下顎角
筋突起
下顎頭
オトガイ隆起
問31 細胞膜蛋白質の機能でないのはどれか。

ホルモンレセプター
免疫抗体
カルシウムイオンチャンネル
ナトリウムポンプ
問32 血漿で誤っているのはどれか。

細胞外液の1区分である。
二酸化炭素運搬機能がある。
血清からフィブリノゲンを除いたものである。
0.9%食塩水と等張である。
問33 心臓の機能で誤っているのはどれか。

収縮刺激は洞結節で発生する。
静脈圧の増加によって1回拍出量が増加する。
迷走神経の興奮によって心拍数は減少する。
心室内圧が心房内圧より低くなると房室弁が閉じる。
問34 吸息時にみられないのはどれか。

内肋間筋の収縮
胸膜腔内陰圧の増加
横隔膜の収縮
胸郭内容積の増大
問35 二酸化炭素の運搬に関与しないのはどれか。

ヘモグロビン
炭酸脱水酵素
血漿カルシウムイオン
カルバミノ化合物
問36 体表面積に比例するのはどれか。

二酸化炭素排出量
酸素消費量
尿中窒素量
基礎代謝量
問37 膵液分泌調節に関与しないのはどれか。

コレシストキニン
骨盤内臓神経
セクレチン
迷走神経
問38 肝臓で産生されないのはどれか。

レニン
フィブリノゲン
尿素
ヘパリン
問39 体熱の産生に関与しないのはどれか。

パラソルモン
サイロキシン
プロゲステロン
アドレナリン
問40 発熱作用がないのはどれか。

プロスタグランジン
インターロイキン1
交感神経活動増大
温ニューロン活動促進
問41 尿細管再吸収が能動輸送でないのはどれか。《解》

ナトリウムイオン
アミノ酸
グルコース
塩素イオン
問42 排尿で誤っているのはどれか。

尿道括約筋弛緩
腹筋収縮
横隔膜弛緩
膀胱壁収縮
問43 視床下部ホルモンによる調節を受けないのはどれか。

プロラクチン
成長ホルモン
黄体形成ホルモン
バゾプレシン
問44 ステロイドホルモンはどれか。

副腎皮質刺激ホルモン
アルドステロン
アドレナリン
黄体形成ホルモン
問45 ビタミンDに関係がないのはどれか。[不適切問題]

腎 臓
紫外線
上皮小体
くる病
問46 パラソルモンの生理作用はどれか。

腎尿細管からのカルシウムイオンの排泄を促す。
腸管からのカルシウムイオンの吸収を促す。
肝臓からのカルシウムイオンの排泄を抑える。
血漿中のカルシウムイオン濃度を低下させる。
問47 静止膜電位の発生に必要でないのはどれか。

ナトリウムイオンチャンネルの開放
膜の選択的イオン透過性
膜内外のカリウムイオン濃度差
ナトリウムポンプ
問48 舌咽神経の機能でないのはどれか。

舌の後1/3の味覚
耳下腺からの唾液分泌
舌の運動
咽頭筋からの運動
問49 副交感神経支配を受けるのはどれか。

瞳孔括約筋
副腎髄質
立毛筋
汗腺
問50 誤っているのはどれか。

筋の強縮は活動電位の加重によって起こる。
骨格筋の通常の収縮は強縮である。
筋は弛緩の際にもATPを消費する。
強縮による張力は筋の長さに依存する。
問51 平滑筋で誤っているのはどれか。

アクチンの量が骨格筋より少ない。
収縮張力が骨格筋より弱い。
収縮速度は骨格筋より遅い。
ATPの量が骨格筋より多い。
問52 皮膚の2点弁別閾の最小値を示すのはどれか。

胸部
腹部
手掌
大腿
問53 受容器と適刺激との組合せで誤っているのはどれか。

頸動脈小体 −−−− 動脈血圧
杆状体   −−−− 光
半規管   −−−− 回転加速度
パチニ小体 −−−− 皮膚の歪み
問54 誤っているのはどれか。[不適切問題]

黄体の寿命は約14日である。
性周期はゴナドトロピン分泌のリズムによって起こる。
卵巣周期は左右それぞれ約28日である。
卵巣周期と月経周期は長さが等しい。
問55 誤っているのはどれか。

陣痛はオキシトシン分泌増加によって起こる。
受精卵は着床してから細胞分裂を始める。
胎盤の内腔は母体の血液で満たされている。
乳頭吸引刺激によってプロラクチン分泌が増す。
問56 膝蓋腱反射で誤っているのはどれか。

反射の種類は伸張反射である。
反射弓に含まれるシナプスは3個である。
反射の中枢は脊髄にある。
感覚受容器は大腿四頭筋の筋紡錘である。
問57 正常運動発達と年齢との組合せで誤っているのはどれか。

成人型歩行となる −−−− 4歳ころ
片足立ちができる −−−− 3歳ころ
独り歩きができる −−−− 1歳ころ
転倒しないで走れる −−− 2歳ころ
問58 基本的立位姿勢の運動と運動面との組合せで誤っているのはどれか。

体幹の前屈運動 −−−− 矢状面
頸部の側屈運動 −−−− 水平面
前腕の回内運動 −−−− 水平面
下肢の外転運動 −−−− 前額面
問59 肩関節の内旋に作用する筋で誤っているのはどれか。

肩甲下筋
大円筋
広背筋
小円筋
問60 肩甲骨の運動と筋との組合せで誤っているのはどれか。

外転(屈曲)−−−− 前鋸筋
内転(伸展)−−−− 小胸筋
下方回旋 −−−−− 菱形筋
上方回旋 −−−−− 僧帽筋下部線維
問61 足関節の内返しに作用しないのはどれか。

後脛骨筋
長母指屈筋
長指伸筋
前脛骨筋
問62 膝関節の靱帯で誤っているのはどれか。

後十字靱帯は脛骨の後方への滑り出しを防ぐ。
前十字靱帯は大腿骨顆間窩と脛骨前顆間部とを結ぶ。
外側側副靱帯は膝関節屈曲位で緊張する。
膝横靱帯は内・外側半月を前面で結合する。
問63 延髄に中枢をもつ反射・反応はどれか。

緊張性迷路反射
伸張反射
踏み直り反応
交差反射
問64 股関節の伸展に作用するのはどれか。

大腿直筋
縫工筋
腸腰筋
大殿筋
問65 パーキンソン病様歩行はどれか。

トレンデレンブルク歩行
小きざみ歩行
円書き歩行
酩酊歩行
問66 血栓症の原因でないのはどれか。

リウマチ性心内膜炎
広範な熱傷
潰瘍性大腸炎
静脈瘤
問67 浮腫の原因でないのはどれか。

低蛋白血症
レイノー病
フィラリア症
ネフローゼ症侯群
問68 誤っている組合せはどれか。

線維素性炎 −−−− ジフテリア
腐敗性炎 −−−−− 肺壊疸
化膿性炎 −−−−− 膿胸
出血性炎 −−−−− 間質性肺炎
問69 肉芽腫性炎でないのはどれか。

肺膿瘍
サルコイドーシス
ハンセン病
肺結核
問70 B細胞の抗体産生細胞への分化を促進するのはどれか。

遅延型過敏反応T細胞
細胞障害性T細胞
ヘルパーT細胞
サプレッサーT細胞
問71 免疫グロブリンで正しいのはどれか。

L鎖には、κ(カッパー)、λ(ラムダ)、δ(デルタ)鎖の3種類がある。
免疫グロブリンは構造上H鎖とL鎖とからなる。
免疫グロブリンにはIgYがある。
マクロファージが免疫グロブリンを産生する。
問72 良性腫瘍の特徴でないのはどれか。

転移を起こす。
予後は良い。
膨張性に発育する。
増殖速度が遅い。
問73 上皮性腫瘍はどれか。

腺腫
血管腫
骨腫
神経鞘腫
問74 ヒトパピローマウィルスが原因であるのはどれか。

鼻咽頭癌
子宮頸部扁平上皮癌
バーキットリンパ腫
成人T細胞白血病
問75 先天性異常で誤っている組合せはどれか。

小頭症 −−−−−−−−− 放射線
フェニルケトン尿症 −−− アスピリン
先天性風疹症候群 −−−− ウィルス感染
アザラシ肢症 −−−−−− サリドマイド
問76 菌交代現象が起こるのはどれか。

抗生物質の長期投与
複数菌の混合感染
不顕性感染
経胎盤感染
問77 正しい組合せはどれか。

けい肺 −−−−−− 遊離ケイ酸
蒙古斑 −−−−−− リポフスチン
閉塞性黄疸 −−−− ヘモジテリン
青銅糖尿病 −−−− ビリルビン
問78 誤っている組合せはどれか。

褐色萎縮 −−−−− 老化
圧迫萎縮 −−−−− 胸腺退縮
内分泌萎縮 −−−− 乳腺
無為萎縮 −−−−− ギプス固定
問79 感染症成立の疫学的条件に含まれないのはどれか。

感染源
潜伏期間
感染経路
感受性宿主
問80 ヒトからヒトヘ直接伝播しないのはどれか。

百日咳
インフルエンザ
破傷風
麻疹
問81 正しい組合せはどれか。

ツツガ虫病 −−− クラミジア
猩紅熱 −−−−− マイコプラズマ
日本脳炎 −−−− リケッチア
梅毒 −−−−−− スピロヘータ
問82 皮膚の消毒に適切でないのはどれか。

逆性石けん
紫外線
エタノール
ヨードチンキ
問83 学校伝染病(第二類)でないのはどれか。

風疹
水痘
急性灰白髄炎
結核
問84 人口統計で正しいのはどれか。

乳児死亡率は衛生状態を示している。
国勢調査は人口動態統計である。
婚姻率は人口静態統計である。
平均余命は老年人口を示している。
問85 労働衛生の3管理に含まれないのはどれか。

健康管理
作業管理
人事管理
作業環境管理
問86 都道府県知事に策定が義務づけられているのはどれか。

医療計画
エンゼルプラン
ゴールドプラン
トータルヘルスプロモーションプラン
問87 住居環境で誤っているのはどれか。

気積は10mである。
屋内気温は22〜25℃がよい。
必要換気量は30m3/時である。
採光の開角は最小限28度である。
問88 環境温度で誤っているのはどれか。

感覚温度は輻射熱を考慮している。
不快指数は乾球温度と湿球温度から計算される。
不快指数が75を超えると半数以上の人が不快に感じる。
黒球温度計は熱輻射を測定する。
問89 下水処理で正しいのはどれか。

生物化学的酸素要求量は測定しない。
処理水は検査しないで放流する。
消化槽は有機固型物を処理する。
活性汚泥法は嫌気性菌を用いる。
問90 精神保健福祉法の立法の目的でないのはどれか。

精神障害者の社会復帰
精神的健康の保持増進
精神障害者の保護
精神障害者の隔離
問91 柔道整復師の免許で正しいのはどれか。

旧法による免許は新規登録をしなければならない。
指定登録機関理事長が免許を与える。
免許を与えるとは柔道整復師名簿に登録することである。
柔道整復師は免許証の携帯義務がある。
問92 免許を取り消されたときの免許証の返納期間は何日以内か。

20日
5日
30日
10日
問93 柔道整復師の業で正しいのはどれか。

事実上継続した行為をもって施術を行うこと。
反復継続の行為をもって施術を行うこと。
反復継続の意思をもって施術を行うこと。
事実上反復の行為をもって施術を行うこと。
問94 正しいのはどれか。

医師は柔道整復の業務ができる。
柔道整復師は医師の同意を得れば、エックス線撮影ができる。
無報酬であれば、だれでも柔道整復を業としてできる。
柔道整復師が施術できるのは施術所内に限られる。
問95 柔道整復師の応急手当で正しいのはどれか。

医師の同意を得て止血剤を注射する。
医師の同意を得て患部を切開する。
医師の同意を得ないで骨折の整復を行う。
医師の同意を得ないで鎮痛剤を投与する。
問96 施術所を開設したときに届け出なければならない期限はどれか。

5日以内
直ちに
30日以内
10日以内
問97 誤っている組合せはどれか。

助産所 −−−−−−−− 妊婦・産婦・じょく婦9人以下の収容施設
特定機能病院 −−−−− 患者500人未満の収容施設
診療所 −−−−−−−− 患者19人以下の収容施設
地域医療支援病院 −−− 患者200人以上の収容施設
問98 施術所を直接監督するのはどれか。
 a.市町村長
 b.保健所を設置する市の市長
 c.都道府県知事
 d.厚生大臣

a、b
b、c
c、d
a、d
問99 業務独占でないのはどれか。

保健婦
柔道整復師
はり師
助産婦
問100 専用の施術室の基準で正しいのはどれか。

3.3平方メートル以上
9.9平方メートル以上
6.6平方メートル以上
13.2平方メートル以上